Macのアクティビティモニタの表示がおかしくなった時の対処法

macOS Catalinaでアクティビティモニタがプロセス名だけ表示されている状態になってしまった時の通常の状態に戻す対処法です。

通常の状態に戻す方法

カラムを調整する

実はプロセス名のカラムが可視領域いっぱいになっていただけで、右スクロールすると、CPUやスレッドのカラムが出てきます。

他の項目が表示されたら、赤枠の部分をクリックしながら左スクロールをします。

カラムの長さを変更できるので、全部のカラムが見えるように調整します。

アプリを再起動させると戻ってしまう場合

手動でカラムを調整したのにもかかわらず、アプリを再起動すると戻ってしまう場合、.plistファイルを削除する方法もあります。

バージョンがmacOS Catalina 10.15.4の場合、手動で調整しても戻ってしまうので、こちらの.plistファイルを削除する方法を試してみてください。

ターミナルの実行

アクティビティモニタを終了させて、下記のコマンドをターミナルで実行します。

com.apple.ActivityMonitor.plistを削除するコマンド

sudo rm ~/Library/Preferences/com.apple.ActivityMonitor.plist

Enterを押すとパスワードを求められる場合があるので、管理者パスワードを入力し、Enterを押してコマンドを実行します。

アクティビティモニタを再起動すると通常の表示に戻ります。

これはmacOS Catalinaのバグだそうで、もしアクティビティモニタの表示がプロセス名だけだった場合、上記を参考に確認してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です