Macの起動時に自動的にアプリを立ち上げる or 停止する

Macを起動した時に普段から使うアプリをいちいち手動で立ち上げるのではなく、スタートアップアプリを設定すると自動的に立ち上げることができます。

また逆に、起動時に勝手にアプリが立ち上がるのを停止することもできます。

Macの起動時に自動的にアプリを立ち上げる

スタートアップアプリを追加する

システム環境設定」から 「ユーザとグループ」を選択します。

ログイン項目」のタブを開き、「」ボタンをクリックします。

Finderが開くので「アプリケーション」フォルダから任意のアプリを選択して、「追加」ボタンをクリックします。

以上でMacの起動時に自動的にアプリが立ち上がるようになります。

Dockからスタートアップアプリを追加する

Dock上にアプリがある場合、アプリアイコンからスタートアップアプリを追加することもできます。

任意のアプリアイコン上で右クリックをし、「オプション」→「ログイン時に開く」を選択します。

以上でDockからスタートアップアプリを追加する手順でした。

Dockからの方が手軽に追加することができます。

Macの起動時に自動的にアプリを停止する

逆に使わないのに、起動時にアプリが勝手に立ち上がってしまう場合の停止の方法です。

スタートアップアプリを削除する

スタートアップアプリを追加した時と同様、「システム環境設定」から「ユーザとグループ」を選択します。

ログイン項目」のタブを開き、削除したいアプリにチェックボックスを入れて「」ボタンをクリックします。

以上で、起動時に自動的にアプリが立ち上がらなくなります。

削除しても起動時にアプリが立ち上がる場合

もしログイン項目に入っていないのに、起動時にアプリが立ち上がる場合は、Macの終了時にアプリのウインドウを閉じただけで、アプリ本体を終了していなく、立ち上がってしまうケースがあるので確認してください。

アプリが立ち上がっている状態で、システム終了や再起動を行うと、ダイアログが出てくるので、「再ログイン時にウインドウを再度開く」のチェックボックスを外してMacを終了させます。

または「システム環境設定」から「一般」の「アプリケーションを終了する時にウインドウを閉じる」のチェックボックスを外しても、上記と同じように立ち上がらなくなります。

スタートアップアプリを設定しておけば、いちいち手動で立ち上げる必要もないですし、逆に必要のないアプリは立ち上がると鬱陶しいので、しっかりと設定して、ストレス無く作業を始めたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です